門(もん)鑑定へ申し込む(女性の方限定)

ハスの花は汚泥(おでい)に咲く。

ちまたには、しあわせになるためのさまざまな情報、もの、サービスがあふれています。

ただ、そのどれもが、しあわせになるとは限らなくて。

手のひらを返してみれば、しあわせになりたいと願えば願うほど。

皮肉にもしあわせは、遠くへ離れていくのかも知れません。

たとえるなら、汚泥に咲く蓮の花は。

不しあわせ、という名の汚泥が深ければ深いほど。

しあわせ、という名の輝きをひときわ暗闇に放ちます。

もっとも、そういう私も最初から順風満帆(じゅんぷうまんぱん)だったわけではありません。

色々なことがありました。

四年前

ある女性と出会い、恋に堕ちました。

これまでのように。

ありふれた出会いと。

ありふれたセックスのはずだった。

SNSで。

リア充な生活をpostしている時の彼女とは。

およそかけ離れ裏の貌(かお)

抱えきれない悲しみを引きずった女性でした。

瀬戸大橋のたもとの浜辺で。

デートを重ねるうちに。

ポツリポツリと、雨だれのように生い立ちを聞かされた。

両腕に刻まれた、数え切れないアームカットの痕(あと)

得体の知れない。

底なし沼のような薄気味悪さを、背中にはりつかせていました。

これまでも。

さまざまな女性の、身の上話を聞いてはいましたが。

かける言葉がなかった。

沈黙だけが過ぎていく。

最初に言ってくれたなら。

とうの昔に逃げていた。

もう遅い。

ナカンダ浜の樹の下で。

夕闇が二人を包み込む。

長い夜の始まりだった。

あらがえるはずもなかった。

午前四時

情事のあと。

足がすくむような彼女の過去を振り払うように。

家路へと急ぐ帰り道。

いくら暗闇に目を凝らしてみても。

答えは出ない。

先送りにしてきたあざとさは。

身をもって代償を、あがなうことになるとも知らずに。

このあと、私はどうやって この暗闇から這い上がってきたのか?

あれから彼女とは、さまざまな葛藤があり、

別々の道を歩むことになりました。

あの頃の私は。

それまでも、離婚や不倫、そして調停裁判も経験してはいましたが、

比べものにならないくらい打ちのめされて、

一時は、絶望の淵をさまよったこともありました。

愛と憎しみの果てを、極め尽くしたあの頃の私は。

まるで、

見るものすべてが、モノトーンで埋めつくされたようになり。

毀(こわ)れた感情を、どこかへ置き忘れてきたかのような生活を送っていました。

それでも、朝はやってきます。

やりきれない思いを抱えながら。

張り裂けそうな胸の内をひた隠して。

何事もなかったような顔をして。

いつもと変わらない毎日のふりをして。

時間だけが過ぎていく、という日々を過ごしていました。

ただ時間は、ときに厳しく、ときにやさしい。

引き潮が、あやまちと後悔でさいなみつづけた過去を洗い流していくように。

少しづつですが心の平安を取り戻し、

ささやかな生活を過ごせるようにまで回復しました。

そんな中

ふとした事をきっかけに。

中国四千年に伝わる自己分析ツールがあることを知り。

私は好奇心も手つだって、その叡智を学んでいきました。

いま思うと

あの頃の私は。

何かきっかけが欲しかったのかも知れません。

昨日の自分とは違う何か。

たとえそれが、くだらないことでもよかった。

既成概念や、誰かが作った常識やたてまえ。

そんな「世間のしがらみ」を、取っ払った生きかたを、なにか一つでもいいから「変えようとする勇気」を持ってみたかったのだと思います。

古来華僑の叡智である「門(もん)」を知り

本当の自分と出会い。

生まれもったとらわれを理解して、生活を重ねていくうちに。

少しずつではありますが。

これまでの、過去の自分の行いを振り返り。

二度も繰り返してきた元嫁への過ちを反省し。

ヨガを学び。

瞑想を通して。

だんだんと自身の内面を調えていきました。

そうすると

不思議なことに。

あたかも。

川の流れに乗ったかのように。

人生がスルスルと軌道に乗りはじめる感覚を、手に入れることができたのです。

このように

門鑑定を受けたあと。

素直に、生まれもったありのままの自分を受け入れて、実行していくと。

○生きやくすなる

○得意なことを活かせる

○自身の強みがわかる

ようになります。

しかし逆に

自分の考えに凝り固まってしまって。

生まれもった特性を受け入れないでいると。

混迷の渦の中に巻きこまれ。

まるで川上に向かって船を漕ぎだすようになります。

そうなると、いつまで経っても しあわせには辿りつけない方もいます。

門協会全体で、約二万人の方が、ぞくぞくと自らの運命を変えてきています

鑑定を受けてから。

○自分らしい生き生きとした生活を過ごせるようになった。

○クヨクヨ悩まなくなった

○落ち込んでも、いつまでも引きずらなくなった。

○自分の軸ができた。

○「私はこう!」と認識できて、ブレなくなった。

自分を知り、他人を知る。

お互いの違いを認め、ともに分かち合う自己分析手法である「門」

5つのパラメーターから、その人が生まれもった資質を読み解き、本当の自分と出会う方が増えています。

鑑定料金(対面もしくはzoomでのオンラインセッション)

鑑定1名様(ご本人):39,800円(税込み約2時間)

鑑定2名様(ご本人+パートナーもしくは家族一名):59,600円

鑑定3名様(ご本人+パートナーもしくは家族二名):79,400円

『門』について

自分自身の役割と能力を知るための自己分析手法であり、自己成長ツールである「門」

門は、中国の陰陽五行思想にもとづいています。

そして、生まれながらに持っている特性を、いくつかの要素に分類し、パラメーター化されます。

パラメーター化された数値は、視覚化することにより、生まれもった資質や才能を、より分かりやすく読み解くことができるのです。

『門』の生いたち

門とは、古来華僑に伝わる門外不出の学問であります。

ことの起こりは古代中国。

ときの皇帝の命により、人心を掌握するために用いられたのが始まりです。

頂点に君臨する者のみが、使うことを許された秘術。

そのため、一般の人々の目にとまることもなく。

一部の華僑の大富豪たちの間で、ひっそりと命脈を保ってきました。

戦乱や文化大革命などの、たび重なる混迷の世をかいくぐり。

世界の富を牛耳る者たちの間で、密かに用いられてきた自己分析手法です。

統計学、万象学(四柱推命)がベースとなっており。

日本に持ち込まれたあと、膨大な占術資料や さまざまな成功法則をもとに。

現代のエルゴノミクスを加味し、体系化されました。

鑑定を受けられた方のご感想

門鑑定って? わたしは初めて聞く占いの名前でしたが、四柱推命がベースになっているそうです。つまり統計学から生まれたもの。そういう意味では占星術と一緒ですね。門鑑定は古代中国の皇帝が誰を自分の部下にするのか?を決める際に使っていたそうです。

実際の鑑定の前に、アキラさんとZoomでの事前ヒアリングがあります。鑑定をする前に、なぜ鑑定を受けようと思ったのか、今の悩みは何かということをきちんと聞いておきたいのだそうです。

対面セッションの鑑定では、Zoomで一度話をしているので、とても話しやすかったです。また、アキラさんは基本、聞き役に徹してくれるので、疑問に思ったことはなんでも聞けます。(Iさん 女性)

受け付けカレンダー




お申込みはこちら

セッション開始時間の選択肢以外をご希望の場合は、「その他」を選択の上、ご相談内容の記入欄にスタート希望時間を書いてください。

対面セッションの場合、詳細な場所は、お申し込みの後に、ご相談の上決定します。

女性の方はチェックを入れてください。

メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?よろしければチェックを付けて送信ボタンをクリックしてください。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。