それから私たちは、週に二回のペースで逢うことを重ねた。

いつもの臨海公園で落ち合い、カフェや沙弥島(しゃみじま)と呼ばれる浜辺でひとしきり戯れたあと、ホテルへ流れる。

そんなデートが、いつの頃からか私たちの定番のコースになった。

ハグをかわしてシャワーのあと、白いシーツの海に潜り込む。

舌を絡ませながらデリケートゾーンに指を這わせると、私の欲望がしだいに頭をもたげ始めた。

何度か肌を重ねて、なじみ始めた体が、私の色に染まりはじめたころ。

彼女の吐息を頬に感じながら、ゆっくりと私たちは一つになった。

女が、何度目かの絶頂を迎えたあとも、なおも私は営みを止めなかった。

しだいに彼女の喘ぎ声がかすれ始める。

降り始めた雨が、ポツリポツリと車のフロントガラスを濡らすように、私の汗が彼女の胸のあたりにたまり始めた。

背すじを這い上がってくる快楽に身を委ねながら、私は彼女の膣(なか)へと、しとどに三度目の精を放った。

荒れた海でふたり、うち上げられた魚になったように、つかの間の静寂が私たちを包み込む。

汗が身体のほてりを鎮(しず)めはじめると、私は身じろぎひとつしない彼女を残して、そっとベッドを降りた。

冷蔵庫を開け、ミネラルウォーターを取り出す。

キャップを開けて水を飲んだ。

冷たさが心地よい。

つぎに私は、水をひとくち含むと。

彼女のところへ戻り、舌でそっと唇を開けた。

少しずつ彼女の喉へ水を流し込む。

別の生き物のように動く彼女の喉を横目で見ながら、ゆっくりと余韻を楽しんだ。

その後、ベッドで私たちは、いつもたわいもない話をするのがお決まりだった。

最初の頃は。

彼女とデートを繰り返すうちに感じたこと。

それは、思っていたほど明るい性格ではないことだった。

特に、オフラインで逢ったときにかいま見せる、彼女の素顔。

InstagramやTwitterなどのSNSで発信している時とは真逆の貌(かお)を持っていた。

クリスマスツリーのもみの木のような無数のアームカットの痕(あと)

小学生のころ、転校先でいじめに遭い、登校拒否になり、自殺未遂を繰り返した。

鬱で仕事も長く続かない。

精神安定剤と眠剤の乱用で薬物中毒になり、家出を繰り返した。

そんな話をある時は情事の後、そして彼女を送る車の中で打ち明けられる。

午前四時。

彼女と別れ、家路へと急ぐ帰り道。

足が竦(すく)むような絶望の中に潜む、得体の知れない薄気味悪さだけが助手席に残った。

それでも私は彼女を励まそうと、逢うたびに彼女の好きなお菓子を作ってプレゼントした。

お菓子作りは私のアビリティだった。

小学四年生の頃、一人っ子だった私は、共働きで忙しかった親に気兼ねして、本の見よう見まねでお菓子を焼き始めた。

一人でずっと焼いていたお菓子作り。

プリン、ビスコッティ、ババロア、グラノーラ、ガトーショコラ、ロールケーキ、チーズケーキ、ケークサレ。

彼女の好きなお菓子研究家のレシピ本を取り寄せ、翌日のデートに向けて仕込む。

仕事終わり、ふらふらになりながら作った。

うつむきがちに微笑むのが彼女の癖だった。

せめて、お菓子を食べる間だけでも幸せでいてくれたなら。

私の祈り。

それが私のお菓子でした。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)