複雑にこじれた恋愛がらみの不満を、すっきりしていただく複恋門(ふくれんもん)鑑定士の平井アキラです。

TLIビジネス1日目が終わったあとに懇親会の会場へ移動しました

青蓮六本木一丁目店のファサード

懇親会の場所はこちら「健康中華 青蓮 六本木一丁目店

そこで大塚あやこさん(以下あやこさん)が、懇親会の席でたまたま隣に座ったKさんの悩みをヒアリング。

ここでもビリーフ解除が炸裂!

「ノーブログノーライフ」が信条のKさん

(※ご本人の了解を得て記事を書いています)

美しさを際だたせる女性のあるパートをテーマに、自身のサイトをコツコツと運営。

10年間の情報発信の甲斐あって、ファンもだんだんと増えつづけていきました。

気がつけば、オフ会も主催者として150回以上こなすようになりました。

ディスる人はダメ出しをするために生きている

ファンの影にアンチあり。

彼女の行動を、根掘り葉掘りつけ狙う悪質なスレが、5ちゃんに立ちます。

自分自身を叩くスレを見て、すっかり意気消沈してしまったKさん。

オフ会を開くモチベーションも無くなってしまいます。

その根底にあるのは「目立っては叩かれる」でした。

根底にあるのは、思春期に経験した姉の「積み木くずし」が原因だった!

そこであやこさんはKさんへ、生まれ育った家族のことを振り返るようにやさしくうながします。

2つ離れた姉がいました。

中学校時代から荒れ始めた姉はやりたい放題。

それを目の当たりに見て育ったKさんの中には、ある感情が芽生えました。

「私がいい子にしていれば、母に迷惑をかけないor母は安心する」

この頃から、周りの人の目を過剰に気にしてしまうようになったそうです。

その時のことがベースにあり、5ちゃんで叩かれたことが引き金となって湧き上がった感情が「目立ったら叩かれる」でした。

あやこさんからの1つ目のアドバイス「下は見ない」

下を見るとネガティヴ感情に支配されます。

それは例えるなら、山に登るときに「落ちたらどうしよう、落ちたらどうしよう」と下ばかり見ながら山に登ることと同じだそうです。

上(やりたいこと)を目指すときに、落ちる(叩かれる)ことを気にしていては、ワクワクしているとはいえません。

あやこさんからの 2つ目のアドバイス「そりゃあそう思うよね」

そう思った自分を許すことだそうです。

その時の自分の気持ちになって。

辛くて悲しくてどうしようもない、と思った自分を許すことで救われるのでしょう。

あやこさんの言葉が、Kさんの心につかえていたモヤモヤを溶かしていくようでした。

いつしか頬をつたう涙が。

夜の六本木一丁目に、マスカラの黒い雨が降る「浄化のうたげ」となりました。

複恋門鑑定士アキラのひとこと

アキラ
「でしょ」って最強

今回初対面となった〇〇さんに教えてもらった言葉「でしょ」

褒められたときに「いえいえ〜そんなことないですよ」と言ってはダメです。

それでは自己肯定感はいつまでたっても成長しません。

〇〇さんのメガネ越しのまなざしに秘められた、知的なおももち。

右手首のスナップを効かせた人差し指とともに、「でしょ」が軽やかに宙を舞う六本木一丁目の夜でした。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)