今回は広島県にお住まいのS・Mさんと対面セッションを行いました。

最近、引っ越してこられて不慣れな彼女を、高松市の老舗のカフェ「まちのシューレ963」へご案内させていただいた。

まちのシューレ963の晩ご飯のサラダとスープ

晩ご飯を食べながら お話を聞かせてもらうことにした。

まちのシューレ963の晩ご飯八丁味噌ソース

彼女の仕事はアパレル関係。

夫も仕事をすることに理解を示してくれた。

目標を設定して、チームで成果を出すのは彼女の性格にあった。

部下の適正を見ながらアドバイスをして育てる。

充実していた。

子供がいなかった彼女は、情熱と時間と労力を仕事に捧げてきた。

成績が評価されて、さらなるステージを求めて転勤した。

夫の仕事は和食レストランのオーナーだった。

地元を離れられない。

夫婦で一緒にレストランをやろうという話もあったが、

自分のしたいことを優先した。

経済的にも不安がなく、充実した日々を過ごす毎日。

だが、いつの頃からか夫婦の歯車が噛み合わなくなる。

「いい歳なんだから楽に生きよう」という夫と。

仕事にひたむきに精を出す彼女。

「何かが違うんだよなー」という漠然(ばくぜん)としたわだかまりが残った。

2人で話し合ったこともある。

いつも平行線で話が終わった。

そのうち一緒に過ごす時間も合わなければ、話も合わなった。

いたずらに不毛な時間だけが過ぎていく。

Hをすることも無くなった。

そんな日々のわだかまりを先送りにしながら、月日だけが流れていった。

私たちは食事を終え、北浜アリーと呼ばれる倉庫街のところにある海のそばにあるカフェ「umie」へ場所を変えた。

彼女は話しの続きを語り始めた。

かたや、現状維持をよしとする夫。

かたや現状維持の右肩下がりの人生などありえない私。

これまで築き上げてきた この地位をみすみす手放したくはなかった。

溝は埋まらない。

すでに修復不可能なところにまで達していた。

離婚を決意するのは時間の問題だった。

裁判所へ申し出て、調停裁判が始まると夫はぐずりだした。

もう遅い。

「女々しい」と書いて男。

さらに気持ちは冷めた。

この頃になると、裁判や弁護士との話し合いで仕事を抜けることが多くなった。

会社での ささやきが気になりだした

彼女は身のまわりの環境を整えたいと思い立ち、「移動願い」を申し出て受理された。

何度目かの調停を経て いよいよ長かった離婚が成立し、調書が送られてくるのも時間の問題となった。

「解き放たれた感はありますね」という言葉に、長かった峠をやっと登りきった苦労がにじみ出していた。

新しい土地に引っ越した彼女は、好奇心も手伝って ある出会い系サイトに登録した。

続々と「いいね♪」という彼女に好意をしめすサインが、見知らぬ男性から送られてくる。

なぜか、やたらと20代の男性に言い寄られた。

ひるがえってみれば、離婚を経験して いろいろなことを乗り越えてきた。

気がつけば年下の彼氏から甘えられる要素を兼ね備えていた。

あたたかさ。

ほがらかさ。

安心感。

しかも今はフリーだ。

会社以外で知っている人など誰もいない この土地で。

誰かに とやかく言われる筋合いはなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人とは違う生き方かも知れない。

ただ、1人の女性として あるがままに生きていたい。

現在は、サイトで知り合った27歳の薬剤師の彼とお茶やお食事を楽しんでいる彼女。

「これからは同年代の方ともお付き合いをしていきたいです」という彼女の瞳はキラキラとしていた。

『人生 一度きり』

長く苦しい時期を乗り越えて、彼女は『自由』という空を舞う。

やっと自由を手に入れたから。

これからは本当に自分がしたいことをやっていこう。

誰のためでもなく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰るときに交わした彼女の手のぬくもりが印象的だった。

あまり年下の彼を夢中にさせないでくださいね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アキラBOXでは二度の離婚を経験した元「究極のダメ男」平井 明があなたの男性への不満に喜んで『聞き役』となります。

どんなことでも構いません。

貴方のストレスを解消するお手伝いをさせていただいています。

「アキラにお話を聞いてほしい」と思われた方は、
こちらへメールを送ってください。

akira.hirai1@gmail.com

後ほど返信いたします。

「恋愛カウンセラー 平井 明@アキラBOX」

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)