複雑にこじれた恋愛がらみの不満を、すっきりしていただく複恋門鑑定士の平井アキラです。

台風24号(チャーミー)が、日本列島に近づいているさなかの昨日、28日の金曜日。

HONDA CBR600RR

愛車CBR600RRを車検に出すために、午後からひとっ走りしてきました。

秋の交通安全週間ということもあり、メ・リ・ハ・リをつけたセーフティライディング(笑)

珈琲屋松尾のお水

途中、以前から気になっていたカフェに立ち寄ってみたりして(後日、投稿予定なり)

コンスタントに下道を走り抜けました。

で、そんなこんなで無事「ホンダドリーム高松」にとうちゃこ

店内はこんな感じ。

ホンダドリーム高松の店内

いろいろセールやってましたよ。

担当のKさんにバイクのキーを預けて、代車で帰ることにしました。

HONDA PCX150をアップで

代車は、世界のHONDAが誇るドル箱バイク「PCX150

借り物バイクなので、恐る恐るスタート。

ちなみに壊した場合は、実費負担だそうです(汗)

最初こそ、慣れない直立不動のポジションに戸惑ったけど、しばらくすると超楽チン。

なにこれ面白い♪

小さいながらも、スタートダッシュで車の流れをリードするには必要十分なパワーがあるよっ。

単気筒の150CCエンジンは「ドゥルルルル~」と、おだやかな連続音を奏でながら、普通に、極めてふつーに走っていきます。

たしか昔、こんなフィーリングは味わったことがあるぞ?

あ、思い出した。

以前乗っていたBMW1100Rだ。

かたやリッターバイク。

かたや150。

エンジンの大きさは比べ物にならないけど、PCXが奏でる「ドゥルルルルル~」なフィーリングは、BMWのフラットツインとよく似てる。

なにこれ面白いんだけど♪(2回目)笑

車体の軽さは、やっぱりメリットしかないよね

自転車にBMWのエンジンをつけた、って言えば大げさだけどそんな感覚。

HONDA PCX150のリアビュー

さっと移動できて、ささっと気軽に停められる便利さは、オートバイならでは。

日本の交通事情だと、この排気量で必要十分でしょ。

高速乗れないけど。

80キロ弱で流すには、本当に楽。

疲れない。

この感覚はバイクじゃなくて、チャリだな。

ついついテレビでやってたHONDAのCM「シャララ〜ラ。シャララ〜ラ♪」を鼻歌まじりに口ずさみながら、無事に帰ってきました。

「今のバイクを下取りに出して、これに買い換えようかな?」

悪魔のささやきが、脳内を駆け巡る。

また、悪い虫が騒ぎはじめた(笑)

以前は、気がつけば手つけ金の諭吉を一枚、取りあえずバイク屋に置いてきては。

衝動買いで買ってきたバイクを、取っ替え引っ替え乗り回していた時期もあったっけ(遠い目)

ただ、よくよく考えてみると「なんでバイクに乗るんだろう?」と思ってしまった

これには、CBRのジェット機が離陸する時のようなシビれる加速感は無いよね。

ま、無い方が危なく無いけど。

で、よくよく考えて見たら気がついた。

「もしも今、本当に買い換えたら、もうSS(スーパースポーツ)には乗れなくなるな」と。

バイクって、スピード感が車とは全然違いますよね

これ、乗ってる人にはわかると思います。

で、150に乗り換えちゃうと、まず最初に目がついて行かなくなるんだろうな、と。

もう速いバイクには戻れなくなるんだろうな、ということに気がついてしまった。

ということは、小っちゃいバイクで遊ぶのは、もっと先に取っといてもいいかな。

歳をとって、スーパースポーツに乗れなくなったら考えよう。

それまでは、脳幹を揺さぶる加速。

5000回転からの、なにもかもを置いてけぼりにスッ飛んでいく、ファンフーレのような直四のエギゾーストノーストに酔いしれる訳なのです。

めでたし、めでたし♪笑

ともあれ車検切れまじかの愛車を、車検に出せたのでひと安心しました。

複恋門鑑定士アキラのひとこと

アキラ
みんな違ってみんないい

バイクに乗る理由って、人それぞれ。

今回の代車PCX150に乗って気がついたのは、ガソリンがほとんど減っていないこと。

車検もないのでランニングコストが安い、っていうのも見逃せない。

これって財門的には、メリットでかいよね。

財門の方なら悩ましいポイントだろうなぁ、きっと(笑)

すっかり高くなった秋の空を見上げながら、そんなことに思いを馳せるアキラであった。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)