秋の夜長、読書にこもるのもオツですね

今回はビジネス書を読んでの書評を書いてみようかと。

で、ものくろ師匠に教えていただいた本がこちら「自分を最高値で売る方法」by小林正弥です。

この本を読んで、もっとも響いたところは「顧客は自分の成功(カスタマーサクセス)のためにお金を払う」というところです

ハッと気づかされました。

私はややもすれば、ついつい「ないないジプシー」になって自分のことをフォーカスしがちになります。

あれが足りないからいけないんじゃないかとか、これをすれば儲かるかな?とか。

ところがこの本では、自分のことは二の次です。

「まずはお客さまが何を望んでいるのか考えようよー」ということを教えてくれています。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
根底にあるのは恐怖なのです

自分でも覚えていないくらい小さい頃(人によっては産まれる前とか)の潜在意識の海の底にもぐった記憶。

たとえば「わがまま言ってはいけません」と育てられた子は、大きくなっても自分のしたいことが言えなくなります。

どうせ私にはできない、とかね。

昔、あんなことがあった。

これからもそうなる。

どうせまたできない。

だって私はなんとかだから。

で、足りないものを補おうとないないジプシーの旅に出る。

あ、それは私ですね(汗)

インプットも必要ですが、アウトプットはなおさら重要。

あれもこれもでは本末転倒です。

基本はGive Give Give。

与えあって分かち合う。

古来華僑の叡智「門」の考え方と一緒ですね。

これからも、わだかまりを抱える女性のためにできることをさせて頂きたい、と思うアキラでした。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)