先週、10月18日と19日に行われた2期TLIビジネス第2講を受けるために上京しておりました

2回目になりましたが、精神的にキツい内容がつづきました。

で、昨日は1日かけてマインドマップでメモを整理しておりましたが、これがまたキツいんですよね(汗)

何がそんなにキツいのか?

このワークを通して、置き去りにしてきた幼少期の感情を見つめるのは辛くて消耗します。

フタをしていた自分の心の内側と向かい合うことは、これほど重くるしい事とは思いもよりませんでした。

たとえるならば、サイクリングの途中にある山越えルートのようなもの

ハァハァゼェゼェ汗をしたたらせながら、心臓バクバクで急坂を登るようなワークが続くんですよね。

でも、山を乗り越えたあとの爽快感や自信、そして充足感はなにものにも変えがたい。

心が満たされて、やりたい事にフタをせず、リミッターをすっ飛ばしてできるようになるのを参加したメンバーは肌で感じています。

本能レベルで知っている。

ですから、この辛く重くるしいワークにも我慢して、ひたすら自分と向き合うことができるのでしょう。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
苦あれば楽あり

この場合の楽は「ラクして儲ける」の楽ではありません。

楽しいことってラクなのでしょうか?

違いますよね。

楽の中には苦があります。

手のひらの表と裏のように。

汚泥に咲く蓮の花のように。

光が輝きを放つほど、おもわず足がすくむような闇があります。

苦楽を照らし合わせてみる事によって本当に楽しいこと、が見つかる気がします。

またセミナーの内容は、随時upしますね。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)