昨日は、門学からみたチームにおける創門の方の立ち位置、についてお話しました。

今日は、その続きです。

キャラが濃いか濃くないかは、その人の価値観であり個性ともいえます

ですから手のひらを返してみれば、キャラクターの濃さにこだわる人は、無意識に「濃くなければならない」という思い込みを持っているともいえます。

だからついつい、他の人のキャラの薄さが目についてしまうんですよね。

キャラの濃さでジャッジしてしまう。

ですから一度、キャラでジャッジするのは、手放してみてはいかがでしょうか。

自分に対する「キャラはトンガってなんぼ」という価値観は、これまで通り大切にしていただいて、他の人へのジャッジは手放してみる。

キャラが濃くても濃くなくてもいい、どっちでもいいんだよーと思ってみる。

そうすると、創門としてのチームの中での役割りや立ち位置、振る舞いなどが変わってくるかもしれません。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
キャラは薄くてもいい、トンがっててもいい

サッカーの本田圭佑選手なんかもそうでしょうね。

現役のサッカー選手としてプレイしながら、カンボジア代表の実質的な監督を兼任されています。

点取り屋としては、人を押しのけてでも前へ出るアクの強さ、が絶対に必要です。

ただそれだけでは、監督としてチームをまとめることはできません。

サッカー選手としてのアビリティを維持しつつ、カンボジアの選手と信用信頼関係を築くこと。

俯瞰レベルを上げなければ、求められる相反するオファーに応えることはできないでしょう。

ジャッジしない考え方を受け入れてみると、創門の方はネクストステージへの扉が開かれていく可能性があります。

●重要 門の相関関係図

つまり門の相関関係図に伝わる、天が与えたひらめきから財を成せる道、が見えてくる。

今後のさらなる飛躍を期待しております。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)