「彼が、私のことをどう思っているのか、知りたいんです」

ある女性とヒアリングを始めるやいなや、突然こう告げられた。

ゆっくりと私は、思いつめた表情の彼女の話を聞かせていただいた。

男のことが忘れられない

彼とは、同じ職場で知り合った。

お互いに惹かれあい、自然と肌を重ねるようになったという。

それぞれ既婚ではあったが、彼が単身赴任だったために、割りと会うのには困らなかった。

彼の部屋で、蜜月の日々を過ごす甘い生活。

だが、そんな幸せな時間も長くはつづかない。

転勤が決まり、彼は妻子の待つ故郷へと帰ってしまったのだ。

彼が帰ったあとも、LINEで連絡を取り合ってはいるが、再び向こうから逢いにくることは無かった。

今回も、いぶかるダンナになんとか旅行に出かける口実を作って、逢いたい思いを胸に秘めつつ、彼のいる街まではるばる来てはみたものの。

LINEで「飲み会に出てる」と返事が返ってきたきりで、待ちぼうけを食わされていた。

見知らぬ街で、行くあてもない彼女は、居場所をLINEで知らせると、まんじりともせずに彼からの返事が来るのを待っていたのだという。

疲れがにじみ出た薄い背中。

5年という歳月が、彼女のやり切れなさを物語っていた。

このような女性の相談が、後を絶たない。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
愛に満たされていないんですね

女性とお話しさせていただいて、つねづね思います。

女性って、究極お金よりも愛を選ぶんですよね。

たとえ独立して仕事をしたい!という思いを強く持っていたとしても、そのあとにパートナーが出来れば、最初の勢いはどこ吹く風。

「え、私、そんなこと言ってましたっけ?」と言わんばかりに、パートナーに、せっせと稼いできてもらう道を選ぶのが女性なのです。

これがお子さんがいる女性の場合、子供が小さいうちはまだいいんですよ。

子供の純粋無垢な愛に満たされて、見返りを求めず、自分のことを振り返る暇もなく過ぎていく日々も、幸せではあったのですが。

そのお子さんもスクスクと成長し、少しずつ親の手を離れ、親といるより友達と遊ぶほうを選ぶようになるにつれ、だんだん心の隙間に入り込む冷たい現実。

満たされない日々が、日常をモノトーンに染めるのに、そうたいして時間はかからなかった。

ほとんどの女性は、いかにたくさんの愛を得るか?いかにたくさんの愛に満たされたいか、という思いに気がついていない

そこそこの暮らしができて、愛と財とぬくもりを感じられれば、ほぼすべての問題が解決するんですよ。

このような女性の方々が、満たされない愛を、いかに潤いと艶やかさを取り戻していくのかということを、セッションを通してお話しているのです。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)