先週末の朝の東京。

ホテルの一室で、いつものマインドフルネスの最中にそれは突然おりてきた。

なんとも言えない胸のおくのザワつき、不安。

記憶のかけらを辿っていくとそれは…

六本木方面から東京タワーを撮影

幼い頃、母に連れられて上った東京タワーの思い出だった

私は幼いころ、父の暴力に耐えかねた母と家出をしたことが何回かあります。

上京して行くあてもなく、ある日、母とふたりで東京タワーに上ったんだっけ。

あのとき私は、おさな心に「これからどうなるんだろう?」と、不安でたまらなかった。

「お母ちゃん お家帰ろぅ」と母にすがり、離婚すると腹を括っていた母を しぶしぶ家に戻らせた場所が東京タワーだった。

だからこれまでずっと、近づこうとしなかったのが腑に落ちた。

東京タワーを裏側から撮影

ホテルから東京タワーまで歩くこと30分

人の群れに押されながら、エレベーターで上に行くと、遠い昔に見たことのある景色が広がっていました。

東京タワーから見た風景

ここか…

不安や 悲しみや 寂しや 孤独を抱えていた場所。

一人っ子だったので、話し合える兄妹もいない。

高所恐怖症なのも、多分ここで刷り込まれたのだろう。

ブランコに乗って遊んでいる親子を眺めながら、40年以上前にフタをしていた記憶を思い出しました。

色々あったけど、色々あるのもOKだよ、と自分を許すことを味わいつつ。

しばらくして心が落ち着いてきたので、エレベーターで降りて 東京タワーをあとにしました。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
認識をあらためると過去は変わります

「いい思い出だったと」

東京タワーを正面から撮影

また来ますね東京タワー♪

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)