明けて11月16日の2期TLIビジネス第3講

9月から始まり、1月まで毎月1回開催されるセミナーのちょうど折り返し地点のこの日は、大塚あやこさんにバトンタッチして「自分の喜びと才能の種」を見つけるワークを行いました。

まずは子供の頃から好きだったや、うれしかった事。

ワクワクしたことはどんなことだったのか、思いつくままに書き出してみます。

私の場合ですと子供の頃は、お菓子作りやバス釣り、そして絵を書いたりマンガを読んだり書いたりするのが好きな少年でしたね。

頭に浮かんださまざまな記憶をたどりながら書き出していき、そのあとに好きなことの「どういうところがうれしかったのか?」を深掘りしていきます。

そこには「なぜ好きだったのか」のようにある共通点や、その人のキーワードとなる言葉が見つかるのだそうです。

私の場合は一人でできることや、室内でできること。

適度に山や川など自然の豊かなところ。

時間に追われない仕事で、それらをキチッとできること(計量や構成など緻密に考えられるもの)などを好む傾向があることが分かりました。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
女性性の高い仕事がしたいな

私事ですが最近、心のあり方を学び出してからよく泣くようになりました(笑)

割りとすぐ泣きます(笑)

感性が豊かになったのかしら。

潜在意識の分厚いフタが少しは薄くなってきたように思います。

このような心のさまを大事にしつつ、まずはわだかまりを抱えた女性のお話を聞かせていただくこと。

そして、古来中国の自己分析手法である門を使って、クライアントの心の機微に寄り添うようなセッションを行なっていきたいな、と思いました。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)