ずっと伸び伸びになっていた、2018年12月のTLIビジネス第4講2日目の投稿。

やっとブログにまとめることが出来ました。

これまでの「あり方」から「やり方」へシフトする、非常に実践的な内容でした。

ペルソナ・マーケティング

午前中のハイライトは、ペルソナ・マーケティングについてでした。

まず、グループワークで対象となるクライアントを徹底的に絞り込みます。

これが超個人的であれば、個人的であるほどいいそうです。

なぜなら、もっとも個人的なことは、もっとも普遍的なことだから。

ここで私のメインテーマを考えます。

「情熱で溢れかえっていることを、前面に出す」ということを意識してメインテーマを決定しました。

以下、そのメインテーマをもとに、箇条書きでこれからのTodosを記します。

・門を知ると、自分はどう変われるのか?を言語化する。

・クライアントのメリットを語る。

・もっとも自分が輝ける門の〇〇○○の〇〇の傾向をアウトプットする。

・対象となるクライアントが抱えている不満を箇条書きにして、その裏にある願望を明記する(困・不・未)

・響く言葉を考える(キャッチフレーズ)→たとえば「〇する事を〇〇○あなたへ」

商品設計のステップ

以下、箇条書きでこれからのTodosを箇条書きします。

・門鑑定のフロントとミドルの商品(講座)を練る(3年後はバックエンドの商材を打ち出す)

・フロントの商材の販売ページを書く。

・フロントの前を通り過ぎていく人のために、メルマガを設定する。

・Web場で発信する時の、自分の姿を客観的に見る。

ブランディング

プロフェッショナル論へ話はつづきます。

ここで最も響いたのは「何がなんでも自分責めはしないと誓う!」ということです。

このプロフェッショナルとしての意識を持つ時に、これまでのビリーフリセットが、ボディブローのように効いてきます。

ここまで私たちは、9月から毎日、自分の中の囚われ(ビリーフ)と向き合ってきました。

仲間とともに秘密のコミュニティで行ってきた、ビリーフと向き合うワークがこの時、活きてきます。

Doing(やり方)とBeing(あり方)は全然 別モノだよ、というのも腹落ちしています。

したがって、ビジネスが上手くいかない時も、あり方を責めなくても済むようになりました。

私も幼い頃から無意識で染みついたビリーフを、9月からこれまで、さまざまな所で捨てて来ました。

まだ、ひょっこりダメな自分が顔を出す時もありますが。

ただ、それでもそこで、気落ちすることはもう無くなりました。

「あーまた出たな、このチビ」で終わりです。

これからも、プロフェッショナルとして情報時空の世界で発信して行こう!と腹落ちした講座でした。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
・「何のために情報発信するのか?」を常に意識する
・一般人とはもはや違う、というプロ意識を持つ

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)