今回、以前からブログでつながっていた方が高松に来られる、という事でアテンドさせていただくことに。

「瀬戸内の魚が食べたい」というリクエストだったので、こららのお店を招待させていただいた。

高松 天馬の玄関とのれん

高松市内にある居酒屋「天馬

日曜日もやってるお店って貴重ですね。

そういえば・・・

昔、アカシックリーダーの方に視てもらった時に「ペガサス」って言われたことがあったなと、このブログを書きながら思い出した…。

高松 天馬のお品書き

旬の食材を使ったお品書き。

高松 天馬の生ビール

まずは生ビールで乾杯。

最初に飲み物を頼む時に、「ボトルにしませんか?」と言われたのだが。

「まぁ 初めてのお店なので今回はグラスにしましょう」と私が彼女に提案し、グラスで頼むことになりました。

高松 天馬のお造り盛り合わせ

お造りの盛り合わせ。

ウニを白身魚で巻いたのが美味しかった。

女主人の繊細な心づかいが伝わります。

高松 天馬の白子のボン酢

白子ポン酢。

高松 天馬の牡蠣の酒蒸し

牡蠣の酒蒸し。

高松 天馬の白魚のかき揚げ

白魚のかき揚げ。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

ミッションという言葉を、さらりと会話で使う方と初めて飲みました

博識な人はよくいますが、見識の高い人はなかなかいません。

今回はその、見識の高い方と出会いました。

彼女の勇気、行動、実行力、そして執念。

体験に基づいた自信、揺るぎなき信念は、目からウロコが取れるほど。

事を成す人っていうのは、こういう人なんだろうなと、麦の湯割りを飲みながら感じ入りました。

それにしても。。。

水のようにみるみる減っていく、彼女の焼酎のロックグラスを見つめながら。

最初に「ボトルにしませんか?」と言っていた言葉の意味を、やっと理解しつつ高松の夜は更けていきました。。。

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

:バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない“究極のダメ男”だった私が古来中国に伝わるコミュニケーションツール「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)