先日は、車を走らせて善通寺方面へ。

車が一台、やっと通れるか通れないかぐらいの路地の奥へと。。。

善通寺市のカフェ陶花の手前路地

この突き当たりを、左に曲がったドン突きにカフェ「陶花」さんがあります。

善通寺市カフェ陶花の店舗全体

お店というよりは住居ですね。

善通寺市のカフェ陶花の住居前半

手前の建物は、建て増ししたのかな?

善通寺市のカフェ陶花の玄関口

玄関からお邪魔します。

善通寺市のカフェ陶花の玄関先

先ずは、靴を脱ぎまして。

このあたりは、普通の家そのものです。

どうやら家屋を改装してカフェにしたもよう・・・

善通寺市カフェ陶花の店内前半

独創的な店内…。

善通寺市のカフェ陶花のソファー席

席へ案内されて。

善通寺市のカフェ陶花のモーニングメニュー

モーニングはPM4時まで。

善通寺市のカフェ陶花の地ランチメニュー

ランチもPM4時までだそうです。

時間に余裕があるのは ありがたい。

この日は遅かったのですが、モーニングを頼みました。

それにしても・・・

善通寺市のカフェ陶花の雑貨

さまざまな雑貨が置いてあります。

ご主人が陶芸をされるのでしょうか?

器も販売しているようでした。

ほどなくすると来ましたよ。

善通寺市のカフェ陶花のモーニング

陶花のスープモーニングです。

コーヒーは、ポットにたっぷり淹れてありました。

いい感じ。

トーストは2種類。

この日は、さつも芋食パンと、黒ごま食パンでした。

黒ごまは、香ばしくて ついつい手が伸びてしまう美味しさ。

惜しいのは、スープがもう少し温かかったら良かったなぁー。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
奥まった路地にあるお店はなんだか秘密めいていますね
善通寺市のカフェ陶花の団体席

奥のソファー席の方は、団体客やカップル席のようでした。

ご主人も厨房を手伝いながら、家族総出で お客さまの対応で忙しそうな店内。

私も以前、飲食店を10年間オーナーとして切り盛りしていたので、現場仕事の大変さはよく分かります。

その後に、好きなお菓子を焼いて、マルシェで焼き菓子を販売していたんだけれど。

バタバタ貧乏で、時間に追われる毎日に嫌気がさして背を向けた。

門鑑定しながら、週末だけ営業とかならいいかもね。

そんな事をつらつらと考えながら、店を出た冬空の日曜日の午後。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)