私は門と出会う前には、小さな居酒屋をしていました。

その店のオーナーだったこともあり。

当時は、自然とリーダーシップを取る機会が多かったんですね。

それは、門学で言うところの立門的(リーダータイプ)な立ち位置で。

常に周りの中心人物であることを意識して。

声は大きく、意思表示ははっきりと。

時にはドヤってしまうことも多かったです。

そんな風にリーダーシップを発揮して振る舞っているうちに。

スタンドプレーが目立ちはじめました。

スタッフが1人減り、2人減りして、

なかなか募集をかけても人が集まりません。

なんとか1人でも頑張ろう!と空回りしていくうちにあえなく失速。

店は10年目に閉店となってしまいました。。。

振り返ってみれば

家庭でも私はそうでした。

男は男らしく、女は女らしくという、昭和な親父の考え方を色濃く残していたために。

男尊女卑な考え方が身についてしまい。

なにをするのも独断で決めて、奥さんの意見には耳を貸そうとしませんでした。

それでも3時のコーヒータイムには、一緒にスイーツを食べながら、ほぼ毎日過ごしていたんですけどね。。。(遠い目)笑

まぁそれはともかく。

とにかく古い考え方から抜け出せないままに結局、2度目の離婚をしてしまいました。

その後、ある女性と出会い。

ボロボロに打ちのめされた私は、情報発信を学んでいくうちに。

たまたま古来中国のパートナーシップ分析手法を知りました。

それが「門」だったのです。

そして好奇心も手伝って門鑑定を受けた結果。

なんと自分の門は官門という。

これまで思い込んでいたリーダータイプとは真逆な。

部下としてリーダを支える、サポート的な立ち位置というのが分かったのです。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
じつは門鑑定を受けた方の90%の人は、思っていた門とは違います

自分が思い込んでいたキャラクターと違うのが分かり、

しばらくの間は、ショックで途方に暮れましたが。

これまでの、俺は組織の中心人物である!という考え方に、生きずらさを感じていた私は。

だんだんと、リーダーを支える官門的な性質がしっくりくるようになりました。

ただ、これは官門に限ったことではなく。

「すべての男性は、女性の気持ちに寄り添おう」という、

パートナーシップについても同じことが言えますね。

かつての私のように、独断でものごとを決めてしまったり。

忙しいのを理由に、奥さんの話をロクに聞こうともせずに、すぐに結論を求めてしまったり。

つき合っていた頃のように、誕生日や結婚記念日にプレゼントをしなかったり。

毎日ねぎらいの言葉をかけてあげなかったり。

たったひと言でいいんですけどね。

「ありがとう」って伝えるだけで、女性ってどれほど頑張れるかって、世の男性に知って欲しいです。

あのどん底の経験から私は、少しずつですが女性の気持ちに寄り添うことを学び。

古来中国の陰陽五行思想にもとずいた「門」から、男女の矛盾について知るようになりました。

このような事があって私は、複恋門鑑定士となり。

このパートナーシップ分析手法を使って、女性の方がこれまで言えなかった、

セクシャリティなことを含めた本当の自分の気持ちや、

心のあり方に気づくお手伝いをしています。

私らしい私と出会い、女性としての輝きと自信を取り戻し、

笑顔で楽しい毎日を過ごしたいあなたのために。。。

追伸

さらに門について学べるように、9日間のメール講座を作りました。

深く門について知りたい方はこちらをおすすめします。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)