先日の日曜日。

ふと思いつき、松山市にある「バイクハウス阿部」さんへ行ってきました。

主に外車のオートバイを取り扱っているバイクショップで、なかでもサイドカーなども製造できる貴重なショップです。

で、以前から気になっていたバイクの試乗を申し込みました。

今回、乗ったバイクはこちら。

BMW750QSの全景

BMW750GS。

BMW750QSのフロントビュー

近代的なデザインもビーエムらしいですね。

タンクにあるプロペラマークが、高級感を演出しています。

BMW750GSのコックピット回り

BMWのなかではエントリーモデル的な位置づけで、並列2気筒のデュアルパーパスモデルです。

以前、私が乗っていたBMW1100Rロードスターは、左右にウインカーのスイッチがありましたが、ここ最近のBMWは、国産車と同じく左手でウインカー操作をすべて一括しておこなうタイプだそうです。

ますます国産車と同じ感覚で扱えるのが嬉しいですね。

早速、乗ってみましょう。

試乗してまず気づいたのは、アクセルの軽さです。

非常に軽いです。

私のCBRの3分の1くらいの軽さでしょうか。

右手でずっとアクセルをホールドしなくてはならないバイクにとって、アクセルの重さはロングツーリングだと、だんだんとダメージが溜まります。

疲れにくさはツアラーにとっては、ポイント高いです。

ギアの入り方も、きわめてニュートラル。

オートシフターは、ローから2速、3速までは、シフトチェンジの時に少し固さがみられます。

なのでクラッチもあわせて使った方がいいでしょう。

ただシフトダウンも、クラッチなしで行えるのは、私のような左手の親指が腱鞘炎な人にとっては、非常にありがたいです。

中低速のトルクの太さともあいまって、扱いやすさはダントツですね。

ただし、タンク容量が小さくなったのが、高速を使ったツーリングだと距離を稼げないのがデメリットだと感じました。

そして2台めに試乗したのはこちらのバイク。

ドカティ モンスター 797の全景

ドカティ モンスター797。

ドカティモンスター797のフロント

フロントから。

ドカティモンスター797のコクピット

イタリアンレッドを身にまとう、こちらのドカティモンスター757は、ドカの中ではもっとも扱いやすいと評判のマシン。

見るもののハートをトリコにさせるデザインは、イタ車ならではですね。

単色一本で勝負できるデザインのバイクって、そうないんですよねー。

乗る前に、ひととおりの説明を受けましたが、国産車と同じなのでなんの気負いもなくスタート。

空冷Lツインのスリムな車体は、非常に軽快です。

乗り手をその気にさせる特性のエンジンは、流しながら走るには、とても気持ちいい。

気持ちを豊かにさせてくれます。

この気持ちよさっていうのは、峠を攻めるとか、そういうのじゃなくて。

信号待ちでつい、アクセルをブォン!とあおりたくなるような、そんな心地よさです。

ただ、急ブレーキの時に、ちょっとフロント周りに違和感を感じました。

俗にいう、ドカティはクセがあるというのは、こういうところかも知れませんね。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
よく言えば個性、悪く言えばクセ

今回、試乗した2台のバイク、それぞれに特徴がありました。

これって人にも当てはまることで。

良いところも悪いところも人それぞれ。

そんな、お互いの違いを認め合おうよ、というのが古来中国のバートナーシップ分析手法「門(もん)」

自分ですら気づかなかった自分らしさを、数字やグラフであらわし、鑑定を通じてお伝えしています。

門について深く学びたい方は、無料メール通信講座の(こちら)からお入りください。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)