あれから私たちは、彼女のお気に入りのシアトル系コーヒーチェーンのカフェで会ってお話をするということを繰り返した。

私は最初、まるで椅子取りゲームのような店の雰囲気にまったく馴染めなかったが、何回か通ううちに慣れていった。

彼女とディナーへ連れ出したかったが、実家暮らしの彼女は、家族の夕ご飯を作ってから会うことを望んでいた。

はじめて会ってからひと月近く経った6月のある日、私は彼女に「ドライブへ行こう」と誘ってみた。

返事はOKだった。

待ち合わせ場所を、香川県宇多津町にある臨海公園に決める。

「恋人の聖地」と呼ばれるロマンチックな名前のついた公園の駐車場で、私たちは落ち会う約束をした。

当日、待ち合わせ場所へ向かうと、私の方が先に着いたようだった。

この頃になると陽(ひ)も長い。

瀬戸の島々が赤く染まる。

瀬戸内海に沈む夕日を眺めながら、私は彼女が来るのを待った。

夜の帳(とばり)が待ち遠しかった。

ほどなくして。

彼女が現れた。

白いトミー・ヒルフィガーのカットソー。

メンズの服をさらりと着こなすのが上手かった。

いつもと違って、メガネをかけている。

今日も、家族の夕ご飯を作ってきたのだという。

私は彼女を車に乗せた。

途中、ドライブスルーでコーヒーをテイクアウトして、私たちは海まで車を走らせた。

瀬戸大橋のたもとの島。

沙弥島(しゃみじま)という。

万葉の時代から和歌にも詠まれていた古い島である。

以前は沖に浮かぶ離れ島であったが、今は工業地帯の開発により埋め立てられて繋がっている。

その島にある、ナカンダ浜と呼ばれる浜辺で私たちは車を停めた。

それから、海ぎわに立っている一本の木の下まで歩いていった。

木の下にあるベンチに、2人並んで腰かけて。

私たちはライトアップされた巨大なコンクリートの橋桁(はしげた)や、海をこえて遠く岡山までつづく瀬戸大橋を眺めていた。

あたりに地鳴りのような轟音を響かせながら、電車が橋を渡ってゆく。

月夜が瀬戸の島々をシルエットで浮かび上がらせていた。

辺りには誰もいない。

波の音だけが聴こえる。

暗闇が2人を誘(いざな)う。

どちらからともなくキスをした。

舌で唇を開けると。

彼女が長い腕を絡ませてきた。

浜辺で戯(たわむ)れるように ひとしきり抱き合うと、私達はホテルへ流れた。

臨海公園のそばにある、打ちっ放しのコンクリートの建物の中へと車を滑らせる。

エレベーターの中で沈黙の時間をやり過ごしながら私たちは、最上階の部屋へ入った。

窓からは遠くに瀬戸大橋が見えるその部屋で。

理性という名の衣(ころも)を1枚ずつ脱ぎ捨てて。

私たちは抱き合った。

舐めるように指をからませながら。

お互いの心の穴をそっと指先でなぞっていく。

やがて私は、彼女の泉に顔をうずめた。

次第にあえぎ声が激しさを増すその部屋で。

裸の感情をあらわにする。

いつくしむように

あえぐように

とけるように

堕(お)ちてゆく。

あらがえるはずもなかった。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)