言ってしまった。

蓋(ふた)をしていた本当の想い。

そのとき私は、これまでずっと二人の未来から目を背けていたことに気がついた。

どこかで彼女とは、ここから先は無理だろうと勝手にあきらめていた。

漆黒のアスファルトを照らす街灯が揺れている。

冷たさを増した風が、冬の訪れを告げていた。

寒さが耐えられなくなった私は、「車の中で話そう」と彼女をうながした。

うなずいた彼女を車に乗せて、いつもの瀬戸大橋のところまで海岸線を走った。

沙弥島(しゃみじま)にほど近い、巨大な橋げたのたもとにある駐車場で車を停めた。

そこで私は、二人でこれからのことを話した。

仕事のことや住まい、そしてお金のこと。

ひとつひとつ、ゆっくりと言葉を選びながら。

振り返ってみれば、私たちは今まで二人でこういう話をしたことは無かった。

いつもどこか浮世離れしていた。

地に足が着いていないような、

ふわふわとした関係。

彼女がそういう関係を望んでいると感じていたので、私もそれに合わせていたつもりでいたが、そうでは無かった。

彼女は待ってくれていた。

いつかきっと、私の方から話してくれるだろうと。

私は注意深く、言葉を選びながら、未来のさまざまなことを彼女に話しかけた。

彼女は根気よく私の話を聞いてくれた。

これからの事をひと通り話し終えると、私は来月に二人で旅行に行かないか と誘ってみた。

彼女は結局それには答えず、上手くはぐらかされた。

沈黙が心地よかった。

彼女を家まで送る車内の中、カーステレオから流れる吉田美奈子のバラードが冴える。

私たちは、言いたくても言えなかった気持ちが通い合った気がした。

寄せては返す波のように。

沈黙と戯れていた。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

平井 明(アキラ)

平井 明(アキラ)

バツ2で、女性の気持ちを全くかえりみない元“究極のダメ男”だった私が、古来中国に伝わるパートナーシップ分析手法である「門(もん)」を使って、女性の気持ちに寄り添い、愛を伝える術(すべ)を手に入れました。

複雑にこじれた恋愛を、カウンセリングを通して あなたがあなたらしい潤いのある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)